写真を残すならやっはりアルバムかなーっと。

かんたん手軽に写真を撮れる昨今
気軽にどこでもキレイに撮れるのにそのぶん何故だか振り返る頻度が減っている!?
そんなことを思うのは私たちだけ???

今の時代、何でもデータ!データ!

そんな気軽な時代。

私が子供だった頃は、まだまだフィルム全盛期

限られた枚数の中で撮影するのも今ほど気軽じゃなかったけど

現像から仕上がってきた写真のワクワクしながら待ってるそんな時間も

すぐにどんな写真になっているかはわからなかった分

予想外の仕上がりが楽しかったころ。懐かしーよね

今の若者世代は逆にフィルム写真が新鮮だったりして

「お正月を写そうっ!」でお馴染みだったインスタントカメラが新鮮みたいですね

 

今はとてつもなく山のように写真はあるけど

案外、振り返るアイテムって昔と同じように

アナログなアルバムがよかったりするのは私だけ??

幼少時代のアルバムには忘れてしまった思い出とともに

両親の手書きのメッセージが書かれていたりして。

 

今の時代はこの瞬間を残すことに必死で、

膨大な写真から思い出を振り返るなんてなかなか..汗

でも、実は写真って時を重ねて振り返ると今よりもよりいっそう楽しかったり。

 

なかなか溜まりに溜まった写真データを整理するのは大変だけど

アルバムにするのはやっぱり素敵だなーと。

 

そんな思いからワンライフでも気軽にもっとアルバムを楽しんで頂きたいと

アルバム新商品を作成中!

出来上がり次第、紹介できればと思いまーす (*゚▽゚)ノ

あわせて読みたい記事