『6月17日は何の日?そう、父の日!』

先日、5月13日(日)は「母の日」でしたね!
いつも家族みんなを思って頑張ってくれているお母さんに『ありがとう』の感謝の気持ち、きちんと伝えられましたか?
今度はお母さんに続いて、お父さんにも感謝の気持ちを送る「父の日」がやってきます!
毎年「母の日は覚えてるけど、父の日は忘れちゃうんだよね・・・」と、なんとも切ない状況になってしまった方を度々お見かけしておりますが、毎日お仕事でお疲れのお父さんをホッと笑顔にさせてあげられるよう、温かな気持ちで「ありがとう」の思いを伝えてみてくださいね!

2018年の「父の日」はいつ?

今現在では6月の第3日曜日が「父の日」と決まっています。
そのため、今年2018年の「父の日」は6月17日(日)となりますので、まずは忘れずに覚えておきましょう!
アメリカやフランス、イギリスなども「父の日」は同じ6月の第3日曜日なんですって。
ちなみに母の日は5月の第2日曜日でしたね。
ゴールデンウィークが終わってすぐの週ですが、「母の日」の場合は祝日が多くある中でゆっくりと準備が進められるから、それで忘れないということもあるのかもしれませんね。

「父の日」のそもそもの由来って?

もとはソノラ・スマート・ドッドさんという一人のアメリカ人女性が「母の日」にならって、父親を思う気持ちをバラに添えて送ったのが始まりと言われています。
ちなみに「母の日」はアンナ・ジャービスさんという、同じアメリカ人女性の母親を慕う気持ちがきっかけでアメリカ中に広がったとされています。
どちらもアメリカから始まった習慣となるようですね。

ちなみに「父の日」のはじまりは、ソノラ・スマート・ドッドさんが、1910年、当時すでに母の日があったことから父の日もあるべきだと「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願したのがきっかけとされているようです。
なぜ、そこまでソノラ・スマート・ドッドさんがお父さんに感謝する日を!と思われたのかは、その生活環境が背景となっていたようで、彼女がまだ幼い頃、アメリカ内では南北戦争が勃発し、ソノラ・スマート・ドッドさんのお父さんもその戦争に召集を受け、一時お父さんのいない状況の中、残された家族だけで生活をしていたようです。
戦争の間、彼女を含む6人の子供をお母さん一人が面倒を見て、育てることになったのですが、重なる苦労が原因で、お父さんが戦争から無事に戻ってこれたにもかかわらず、お母さんはその後、過労のため亡くなってしまったそうです。
お母さんの死後、お父さんは男手一つで6人の子供を養い、みんなが成人を迎えるまでしっかりと育て上げたようです。
ただ、そのお父さんも子供みんなが成人した後に亡くなってしまったようで、男手一つで6人もの子供を立派に育ててくれたお父さんをソノラ・スマート・ドッドさんは敬愛し、讃えることで「父の日」を提唱されたとのことです。
「父の日」が6月であることはソノラ・スマート・ドッドさんが教会の牧師さんにお願いをして、お父さんの誕生月(6月)に礼拝をしてもらったことが元となっているそうです。

こんなに娘から愛されたお父さん、とても幸せだったことでしょうね。

母の日は「カーネーション」の花、では父の日は?

母の日がカーネーションの花をお母さんに贈るのに対し、父の日はバラの花をお父さんに贈るのが習わしとされています。
その由来もソノラ・スマート・ドッドさんが、父の日に亡くなったお父さんの墓前に白いバラを供えられたからと言われています。
父の日が提唱された1910年の式典では、お父さんが健在の場合は赤いバラ、亡くなったお父さんへは白いバラを身につけたと伝えられたとも言われています。

ちなみに日本では「白いバラ」ではなく「黄色いバラ」を贈るのが風習となっているのですが、知っていましたか?
黄色いバラに変化した理由には、1981年に設立された日本ファーザーズデイ委員会か開催している父の日黄色いリボンキャンペーンが大きく関わっているようです。
黄色いリボンキャンペーンは、家族の愛情や尊敬を表す黄色を父の日のイメージカラーとして啓蒙しており、それが父の日にバラを贈る風習と同化し、父の日に黄色いバラを贈る現在の風習に変わったと言われています。
今では「バラ」に限らず、「ひまわり」や「ガーベラ」など、さまざまなお花をプレゼントされるのが増えているようです。
結局はお父さんが喜んでくれるものをご自身でしかりと選ばれることが一番ということみたいですね!

お父さんを囲んで家族みんな笑顔で過ごそう!

studio.ONELIFEでも「父の日」を一緒にお祝いします!
たまには家族みんなのために頑張ってくれているお父さんを主役にしてみてはどうでしょう?
お父さんを中心に囲んで、笑顔いっぱい溢れる写真をお父さんのパスケースやお財布に潜めてあげるなんていいかもですよ!
ソノラ・スマート・ドッドさんみたいに大好きなお父さんに素直な思いや感謝の気持ちを存分に伝えてあげましょう!!

サプライズのご相談もぜひお気軽に♪

あわせて読みたい記事