『はじめました、七五三前撮り』

「えっ!?もうそんな時期?」
「七五三って11月じゃないんだっけ??」

って思います?

実は七五三の前撮りって時期関係なく、いつでもできるんですよ。
そして七五三をやる由来や意味も知ってますか?
なかなか人生儀礼のイベントごとって「お祝い」としてやるものだとはわかっていても、なかなかその理由って知らなかったりするものですよね。
大事なお子さんの成長をきちんとお祝いしてあげるためにも、ちょっとだけ七五三の知識もご紹介してみます。
ぜひご参考に。

– そもそも七五三って何をするの? –

七五三のお祝いをする、そもそもの由来ってみなさんご存知ですか?
七五三というのは、お子さんの健やかな成長を願い、お祝いをする日本の伝統的な行事なんです。
古来より数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをすることが基本とされていました。
この「3」「5」「7」という数字は祝いごとで使われるめでたい数字とも言われています。

もともと七五三は関東(首都圏内)で行われていた地方風俗でしたが、昔は乳幼児の死亡率が高かったため、7歳になるまに子供の成長を願う儀式がいくつも行われていました。
もとは公家や武家で行われていたものが、一般にも広まったものと言われています。

ここ最近の七五三はお住いの地域や各ご家庭でそれぞれの違いはあるものの、数え年ではなく、実年齢で近所の神社や大きな神社に出向き、お子さんの健康と幸せを祈念して、参拝、また祈祷を受けることが主流となっています。
ご兄弟がいる場合は、どちらかの年齢に合わせて、まとめて・・という方もいらっしゃる状況ですので、特に「こうしなくちゃいけない」というのは無いというのが実情です。

ちなみにお参りの時期は、本来七五三は11月15日に行う行事であったことから、その日とされています。

旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち:鬼が出歩かない日)で、婚礼以外は何をするにも吉とされていました。
また、旧暦の11月は、田畑の収穫を終えて実りを神様に感謝する月でもありました。

11月の満月の日である15日に、氏神への収穫と子供の成長に感謝を捧げ、加護を祈るようになったことが、七五三の日の由来と言われています。
明治の改暦以降は、新暦の11月15日に行われるようになりました。

– じつは年齢によってその祝いの意味は変わります –

男の子と女の子で七五三をお祝いする年が異なるのはみなさんご存知かとは思いますが、その年にお祝いをする意味というのも実は変わるものなんです。
伝統にもとづく七五三の年齢やその意味も知っておくといいかもですね。

☆数え年3歳(満2歳になる年)☆
男の子も女の子も、ともにお祝いをします。
江戸時代には子供の産毛を剃っておくと将来、健康な髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず3歳までは坊主にする習慣がありました。
3歳になり髪を伸ばし始めると「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を行っていました。

☆数え年5歳(満4歳になる年)☆
男の子のお祝いをします。
生まれて初めて袴(はかま)を着用する「袴儀(はかまぎ)」というものを行います。
袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける盛装(せいそう)であったことから、この儀式は幼い少年にとって、男として社会の一員になるという意味合いを持っています。
正式な晴れ着としては袴を着用するほかに、紋付と羽織も着用します。

☆数え年7歳(満6歳になる年)☆
女の子のお祝いをします。
3歳までに着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、成人と同じ丸帯(まるおび)をつけ始め、女性として社会の一員となるという意味合いを持っています。

と年齢によって、そのお祝いの意味が異なることもそうですが、それぞれに行うことも変わるのは知っておくだけでも意識が変わるものですね。

– 今どきの七五三前撮り事情 –

これまで七五三のお参り時期に合わせて11月、もしくは10月ごろに写真撮影をされる方が多かったのが実情でしたが、ここ最近は写真館やフォトスタジオがそのシーズン大変混み合うこともあり、ある程度早い時期に写真撮影だけをするご家族が増えてきています。
「秋ぐらいに、時期が近づいたら予約を入れよ〜」と考えてると、案外「もう予約がいっぱいなんです」と、予想外の回答が戻ってくることもあるので、要注意!気をつけてくださいね。

ONELIFEでも「早割キャンペーン」にてお得な七五三の前撮りプランをはじめました!
ご予約の受付も開始しました!
通常価格よりお値段を下げてのご案内となりますので、もし「今年七五三のお祝いなんだよね」と準備を始めようとするパパ、ママ。
この機会を有効活用してくださいね!

↓↓「早割キャンペーン」の詳細は以下をクリック↓↓

みなさんからのご予約お待ちしております!

あわせて読みたい記事