『わたしたち、ONELIFEです。』

街の写真屋さんをコンセプトに、日々、写真を通じての人との関わり合いを熟考している私たち『ONELIFE』。
横浜と東京にスタジオを構えるも、実は少数精鋭のメンバーにて構成されているのが実情。
「写真が好き」「興味のあることはとことん極める」「楽しいをみんなで共有」など、共通意識を持った個性豊かなメンバーで成り立っているこのONELIFEを今回はみなさんにご紹介させていただきたいと思います。
ONELIFEを支えるフォトグラファーはたくさんおりますが、わたしたちがONELIFEの中枢メンバーです!

 西村 憲太 – Kenta Nishimura – [フォトグラファー]

ONELIFEの代表取締役。
岩手県盛岡市出身のひとりっ子で、関心のあることにはとことんのめり込み、関心のないことには全く見向きもしない、周囲を脅かすほどの笑上戸フォトグラファー。
横浜スタジオのメインフォトグラファーとして、日々新たなことに挑戦し続けるリーダー気質の存在。
大学生時代、とある写真家の本を読んで衝撃がはしりカメラマンへの道を志すという経緯あり。
得意な撮影イメージは『ナチュラル』というところで、新郎新婦、お二人の自然体の様子を見つけ出し撮影することが好き、という長身ながら猫背が特徴のフォトグラファーです。
たまに乙女な一面を見せることあり(子あり)。

 根本 高史 – Takashi Nemoto – [フォトグラファー]

東京スタジオのメインフォトグラファー。
西村とは10年来のタッグで、ともに苦楽をともにしてきた二番手気質の持ち主。
茨城県高萩市の出身で、アパレルやアート業界を経てウェディング業界に行き着いた特異経緯の人材。
ひょんなことをきっかけにカメラを持つこととなり、いつの間にかフォトグラファーとして年間200件以上の撮影をこなしています。
あまり感情をあらわにしないことから、周りから「何を考えてるのか・・」と警戒されることもありますが、基本は何気なくお客様を喜ばせることに隠れて躍起を見せる変わり者。
3人兄弟の長男で根っからのA型性分です。

 瀬下 詩音 – Shion Seshimo – [フォトグラファー]

埼玉県さいたま市在住の元塾講師のフォトグラファー。
姿が見えずとも、テンポの早い「ヒヒヒヒヒッ!」という引き笑いで、その存在を確認することのできるちょっと風変わりな人情熱い系AB型男子。
機材に関することなら瀬下と、ONELIFEではなくてはならない頼れる兄貴的存在。
チャラく見えてしまう風貌からは想像できないくらいの真面目っぷりで、撮影に関しては応対面でも
好評を得ています。
芸名のような名前のために初めて会う人からは「可愛い女の子かと思いました」と突っ込まれることも多々ありますが、細やかな気配りのできる伸び盛りフォトグラファーです。
小柄なこともあってか、ちびっ子たちにも大人気。

 遠藤 千香子 – Chikako Endo – [フォトグラファー]

ONELIFEメンバーに新たに加わった期待の新人フォトグラファー。
3人姉妹の末っ子ながら、しっかりとした応対と丁寧な撮影スタイルには定評あり。
緊張が見え隠れするシーンでも穏やかな口調とその対応には安心感さえ覚えてしまうもの。
西村の無茶なフリや思いつきで並べられたマシンガントークにも笑顔ひとつで返すその様子には他のONELIFEメンバーも見習うべき面を感じるもの。
まだまだ伸び代がたくさんあるフォトグラファーのため、今後の活躍に期待大。
男性フォトグラファーの比率が高いONELIFEの中で貴重な存在になること間違いなし。
ちなみにお酒は一杯までとさせていただきますとのこと。

 鈴木 美葉 – Haruyo Suzuki – [アートディデクター兼デザイナー]

ONELIFEにはなくてはならない重要人物。
ビジュアルのディレクションやデザインのほか、日々のお客さま対応、撮影のアシスタントなど、マルチに活躍している本来なら影武者と呼ぶべき立場の存在。
名前の美葉とは「はるよ」と呼び、周りからは「ハルさん」の名称で慕われている。
学生の頃から油彩画の勉強をしていたこともあり、描く絵はもちろんのこと、その手から書き生まれる文字はなんとも象形的で個性的。
自分自身でも書いた文字が読めない、ということもまれにあるほど。
ONELIFEのホームページもすべてこの人から生まれたものです。
岐阜県生まれの箱入り娘。

 

以上が、現在のONELIFEを構成するメンバーとなります。
少数精鋭ながらも、横浜スタジオ、東京(築地)スタジオともに毎日たくさんのお問い合わせや撮影のご予約をいただいており、ありがとうございます。
感謝、感謝でございます。
極力すべてのお客さまに楽しく撮影をお迎えいただくことができるよう、全スタッフでご対応をお取りしておりますが、限られたメンバーにて対応を取らせていただいておりますのが現状となりますので、少しのご連絡の遅れや撮影ご予約の制限など、みなさまには粗方ご承知置きいただければ幸いです。

各メンバーともに千差万別の個性や気質を持ち合わせておりますが、ぜひぜひ、今後ともONELIFEをよろしくお願いいたします!

あわせて読みたい記事