思い出に残る写真を撮影!結婚式写真のポイントとなる撮り方とは?

今の時代デジタルカメラやスマフォで簡単に撮影できるので
『あっ!いい!!!』といった衝動でバシバシ連写して撮影をしてしまいますね。

でもあとで見返してみると以外とベストショットな写真は少なかったりという経験は無いでしょうか?
友人やご家族の結婚式に招待されて綺麗な花嫁さんのドレス姿や、二人の自然な表情の写真を残したいのにうまく撮影できない….。
一体どうすれば素敵な結婚写真を残せるのかを考えてみましょう。

結婚式の写真は欲張らないことが大事。

写真1枚で一つの事に意味を持たせるのが一番ベストです。
1枚の中にあれもこれもと欲張っていれてしまうと
最後に何が撮りたかったのか分からないくなります。

例えば
『ケーキ入刀の二人の表情』
『花嫁入場シーンのお父さんとの2ショット』
『ご新婦様の笑顔のアップ写真』

といった具合にコンセプトを決めて撮影していくと自ずと構図とその瞬間を狙うようになります。
ONELIFEのカメラマンもはじめの研修で『何を?』と質問攻めにあいます。
これを理解してくるとドンドン写真が上達していきますので皆様もただなんとなくではなく
コンセプトを決めて撮影してみてはいかがでしょうか?

追わない 慌てない 待ち続ける。

基本的には『あっ!いい!!!』と思った瞬間にシャッターをおします。
この『あっ!いい!!!』という瞬間をたくさん待って作る事が大事です。
ですので、被写体を追いかけていくと慌ててしまっていい写真が撮れない場合があります。
イメージをを作って、その中に被写体を呼び込んでくるようにすると
うまく撮影できます。
よく釣りと似ていると表現しております。
餌や仕掛けを作ってあとはかかるのを待つ。
シャッターは誰でも押せるので、シャッターを押すまでがものすごく大事。
客観的に周りがみれるとうまく写真が撮れますので、
追わない 慌てない 待ち続けるを実行してみてください。

結婚式当日で撮れないものは前撮り写真で撮影しよう!

結婚式当日は目まぐるしく時間が過ぎ去っていきます。
本当はゆっくりと優雅に友達や家族と過ごしたいけれど、そうも言ってられないくらい
ドンドン進行していきます。
写真は一生残るもの。
結婚式当日はあわただしく進むので、綺麗な晴れ姿をじっくりと残せない場合もあります。
ですので前撮りや後撮りなどでゆっくりと写真を撮影して思い出に残る写真を残すのがベストかと思われます。
また、前撮りですと結婚式当日のヘアメイクなどのリハーサルにもなりますのでご新婦様にも嬉しいメリットです。
後撮りの場合はいったん落ち着いてこんな感じのが欲しかったんだとなるのでこだわりの1枚が撮影できのでオススメです。
といった感じで、結婚式の写真は一生残りますので
10年後20年後30年後見返してみたときにお二人で笑顔になれる写真を残したいですね!

あわせて読みたい記事