七五三いつやる?どこでやる?

「七五三」当たり前のように知っていると思いきや、実はなんなんだか、ぜんぜんよく知らなかった...涙
言葉だけは知っているけど、どうしていいのやら。。
自分の子供を持って初めて知った「七五三」すぐに役立つ七五三をまずは知ろうの巻!豆知識マニュアル!!

 

七五三(しちごさん)とは?

七五三とは、簡単に言ってしまえば子供の成長を祝う行事!
男の子は3歳と5歳に、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。
なんでこの年齢なの??って思うかもしれませんが、
昔は3歳まで病気に負けずに無事に育つことが大変なことなんだったんですね。
ですから今以上に大きな喜びだったんですね。
そして5歳で大切な知恵がつき、7歳で永久歯が生えてくる
そんな成長の節目としてお祝いする年齢が決められたようです。

地域や各ご家庭で細かな違いはあるものの、神社に出向いて参拝や祈祷をすることは昔と変わらず今現在も日本の伝統行事のようですね。
神社でのお参りにあわせてお子さんの晴れ姿を写真におさめたり、家族でお食事をするといった流れが一般的のようです。
昔は数え年で歳を数えてお祝いしていましたが、今では満年齢で歳を数えて七五三をする家庭が多いようです。

七五三の時期っていつ?

お参りする日は、昔は11月15日と決まっていました。
諸説はいろいろあるようですが、旧暦の15日は、
二十八宿の鬼宿日(鬼に邪魔されない日)と言われ、
お参りができる吉日とされていたのが七五三の日の由来といわれています。
また、江戸幕府5代将軍綱吉の子である徳松の神尾子のお祝いを同日に行ったことも、
七五三が11月15日に行われるようになったきっかけといわれているようです。

ただ最近ではご家庭の都合にあわせて日にちにこだわらず七五三をする方々が多いようですね。
10月中旬~11月下旬、縁起の良い大安日や先勝日など日にちをずらしてお祝いをする家庭が増えています。

お子さまも七五三当日は慣れない衣装でテンションがただでさえ下がる上に、
激混みも相まったらグズグズになってしまいますからね(涙)
混雑するピークを避けて七五三をゆったりと行うことが賢い選択!!

最近は七五三の神社へのプロカメラマン出張撮影をご自身で依頼されるお客様も増えて参りましたが
七五三の出張撮影をお考えの方は少しでも人混みを避けられることをお勧めいたします♪
または七五三のお参りとは別にあらためて写真だけをフォトスタジオでゆっくりじっくりきちんと記念のお写真を残すのも1つの手ですね!

 

七五三のお参り神社はどこがいい?

七五三のお参りは、本来その土地に祀られている氏神様にお祈りする地元の神社で行うもの。
近年は、せっかくのお祝いのおめでたい日から、遠出をして有名な大きな神社を選ぶ傾向があるようです。
「どこにいったらいいんだろう??」そんなママさんのお声もよく聞きますが
ここはダメ!といったルールはないのです。
神社の由来や格式で選んでもよし、自宅から近い近所で馴染みのある神社でも良いのです。

ただし、皆さまに共通して言えるのはお子さまの体力ですねw
普段まったく着ることのない衣装を着ての七五三はお子さまにとっては意外にハードな1日!

そこでここだけは押さえておきたい神社選びのポイント!

1)自宅からあまり遠すぎない
2)駐車場が充実している&神社が駐車場から近い
3)激混みしすぎない
4)境内が広すぎない
5)玉砂利で歩きづらくなっていないか

それでは大切な七五三、後悔ないよう楽しみましょう!!

 

七五三出張撮影をご検討の方はこちら▼
http://onelife.jp/family/location

七五三スタジオ撮影をご検討の方はこちら▼
http://onelife.jp/family/shichi-go-san

 

あわせて読みたい記事