結婚式、準備のススメ。

ウェディング業界、よく『一生に一度・・・』というワードを目にするものですが、これから結婚式を挙げようとお考えのカップルに、このたった一度の結婚式を最高の想い出に仕立て上げるための写真で考える押さえておきたい5つのポイントをご紹介しようと思います。
特別な一日をカタチに残すには写真や映像といった、その日を記録するためのツールが必須となるもの。
さまざまな想いを持って迎えるその日をどう残すか、またどのような内容とするか、じつは結婚式の準備に取り掛かり始めた段階から考えておくべき事項にもなりますので、「そんな早いタイミングから!?」と驚かず、以下のポイントに留意しながら、ぜひ準備をすすめてみましょう!

その①:結婚式場を決めたら、まずはアルバムチェック!

結婚式を挙げるに当たって、まず決めるべきことは当然、式場や会場。
ゲストや親族のことを考え、立地で決める方やお料理の美味しさで決める方、はたまた雰囲気を重視して決めるなど、その決定基準は人によって千差万別。
ただ、どの会場も写真や映像を扱っていることがほぼ。
これも当然ながら、やはり結婚式当日をただただ楽しく過ごすだけでなく、しっかりと想い出として残しておきましょう!という考えあってのこと。
ということで、その会場でどんな写真を撮ることができるのか、ぜひ興味を持ってチェックをしてみましょう!
見てみても、正直「写真の善し悪しはわかりません・・・」と思われる方が多いのではないかと思いますが、まずはパッと見た際の直感で「良いなぁ」「素敵だなぁ」と感じられるか、またその延長で自分たち以外の新郎新婦はどんな写真を残しているんだろうと関心を向けて、調べてみることです。
ウェディングの写真とひとえに言っても、カメラマンによって撮り方はもちろんのこと、何に重点やコンセプトを持って撮影をするか、これもまた千差万別。
まずは興味や関心を持ってウェディングの写真がどういったものかを知り、そして会場にあるアルバムに収録された写真でよしとするか、または自分たちの好みにあったカメラマンを探してみるか、まずはそこから始めてみましょう。

その②:会場提携外のカメラマンを呼んでもOK!?

このポイントについては、頭を悩ませる新郎新婦が多く、ONELIFEでもよくご相談をいただく問題の一つです。
「お二人のやりたいことを叶えます!」というワードも耳にするところではありますが、「じゃ、遠慮なく」と色々と探し回って見つけ出したカメラマンにいざお願いをしようと思ったら、会場の担当プランナーから「外部カメラマンはNGです」や「どうしても呼ぶのであれば、持ち込み料をいただきます」なんて言われることがありますので、要注意です。
「えっ!なんで!?」と思わず声に出して言ってしまいそうですが、実際、どの結婚式場も専任のカメラマンが在籍しているのが現状で、当日の進行をつつがなく進めるために慣れたカメラマンを置いているというのがほぼなんです。
中には「お二人がお願いしたいと思われたカメラマンなら良いですよ!」と快諾してくれる式場や会場ももちろんあるのですが、未だに「持ち込みお断り」の会場が多いのが現状ですので、もし自分たちが選んだカメラマンに撮ってもらいたい!となりましたら、その場合はぜひ早めにそれが可能となるか担当プランナーに確認を取ることをおすすめします!

その③:撮影できないシーンはあるの?


お着物での神前式の場合、初めの「修祓の儀」や「祝詞奏上の儀」と言った、身のけがれを祓い、神様に対して言葉を申す場面については、ほぼ撮影はNGとすることが多いのですが、式場や会場によっては外部のカメラマンが入る場合、メイクルームでの支度シーンは撮れません、入室できません!といったことやキリスト教会式の際、撮影は可能だけれでも、参列者と同じできからどうぞ、なんてこともよくあります。
前項に沿って、外部のカメラマンを呼んでの撮影にOKをもらった場合、そこでホッと一安心していると上記のようなことを後から言われるなんてことも多々ありますので、ぜひ会場側からの外部カメラマン持ち込みのOKをもらえた際は、動ける範囲や撮影可能な範囲などの確認も合わせてしておくと良いでしょう!
このようなことも誰かに言われなくちゃ「そうなの!?」と気づかずに当日を迎えてしまう可能性もありますので、ぜひこの機会にこんな注意点があることを頭に入れておいてください!

その④:撮影のイメージやリクエストは事前にまとめましょう!

結婚式の準備を進めるにつれ、当日の会場づくりや流れなどもどんどん具体的になってきます。
だいたい挙式日の3ヶ月前から色々なことを一つずつ決めていくというスケジュールになるものですが、だんだんとその一つひとつが決まり始めると頭の中にも当日の進行が思い浮かぶようになり、「ここで写真を撮ってもらいたいな」や「披露宴中はゲストと話せる時間を作ってるから、みんなで一緒に撮ってもらおうかな」と写真に対するリクエストやイメージなども出てくるようになると思います。
「当日その場で思いついたら、お願いすればいっか!」と考える方も中にはいらっしゃいますが、実際に迎える結婚式当日は目まぐるしく進行が進み、お二人からすればアッという間に時間が過ぎちゃった、なんてこともありますので、まずは確実に想い出を残すべく、撮ってもらいたいものは事前にカメラマンに伝え、お二人が持つ要望を旧友するようにしておきましょう!
ちなみに各テーブルごとに座るゲストとの集合写真や会場内でのポートレート撮影は事前に当日のスケジュールに組み込む必要もありますので、このあたりの要望は担当プランナーや司会者に伝えるべきことと覚えておきましょう!

その⑤:想い出の写真は目に見えるカタチにしよう!

結婚式前から終わってからのことを考えるのは、なかなかピンとこないものですが、素敵な一日を迎え、その様子を収めた写真をどう残すか、ぜひこのことは準備を進める中で一緒に考えておくこととしておすすめします!
いつでも手に取れるよう、アルバムに残すのか、はたまた日常の中でいつでも目にすることができるよう額に入れて飾るのか、せっかく撮影した写真をデータのまま、パソコンやディスクの中にしまっておくのはもったいないです!
データでの納品が主流となってしまっている現状ではありますが、たくさんの打ち合わせや準備をしながら迎える当日をあっという間に過去のことにしないよう、その後の楽しみを今から考えておくことが、今回のススメの中で一番の重要ポイントとなります。
1年後、2年後・・・と周年を迎え、またこの先お子さんが生まれた時に、二人の出会いから夫婦となったその姿までをぜひ伝えていってもらいたいな、と個人的にも強く思うところではありますので、ぜひこのことはお二人でも相談してみてくださいね!

 

と、今回は結婚式を迎えるみなさんに知っておいてほしい写真のことをご紹介させていただきました。
想い出をカタチとして具現化することのできる写真。
結婚を機に、ぜひ二人の足跡を残すことの大切や、またその残し方について、ちょっとだけでも関心を向けて考えてみてくださいね!

結婚式当日の撮影をお考えの方はこちら>>

 

あわせて読みたい記事