『36枚の思い出 』富士フィルム SUPERIA X-TRA400

こんにちは!
ONELIFEフォトグラファーの西村です。

いきなりですが、最近自分の家族を撮影して思ったことがありました....。

『あれっ!?そういえば形にしてない!!!』

デジタルカメラやスマフォで沢山撮影をしても
撮っておしまいっていう方多いんじゃないかなと思います。
せっかくの思い出も形にして残していかないとなんか『愛着』が湧かないような気がします。

そこで思いついたのが!

フィルムで撮影すれば『36枚』強制的に終了!
現像出さないと形として見れない!
フィルム代と現像代がかかるから自分が大事と感じる瞬間を残そうとする!

と、思いついたので今年から家族をフィルムで撮影しようと試みてみました。

昔フィルムを使っていたけど、もう10年以上たってしまうと忘れていくものです。
ヨドバシカメラの店員さんとGoogle先生で検索をしてまずは

『富士フィルム SUPERIA X-TRA400』

というフィルムを購入しました。
blog_002

そしてカメラは『NikonFM2』
昔の写真学生が一番最初に買うカメラといっても過言ではないカメラ。
僕個人的には名機だと思います。全てマニュアルで撮影するのでカメラの勉強にはオススメです。
まだ動くか不安でしたが正常に動いたので早速フィルムを入れました!

blog_005

『朝、無理やり起こされてベランダで強制的に撮らされる息子』

と、いった感じで普段の生活を撮影していきました。

撮影しながら感じる事…。
シャッターを押すたびにカメラ背面をみちゃう癖が抜けません!!!
blog_004

いい食べっぷりですね。
デジカメだと何枚もシャッター押してたんですが、
『1枚で決める!』
という強い気持ちを持って、ゆで卵を食べるシーンに臨みました。

blog_003

この顔にシャッターを押してたんだと後から気付く面白さ!

 

1本撮影してみて感じた事

・露出とピントがあっているのか不安でいっぱいになる。その分現像が上がってきたときの喜びはハンパない。
・オートフォーカスの偉大さを知る
・フィルム独特の味わいある写真が仕上がる。
・『かっこいい』『きれい』という写真よりも、日常のふとした瞬間にシャッターを押したくなる。
・36枚で思い出が作れる

と、いった事を感じました。
フィルムに関しては、昔はコダックのポートラが好きだったんですが、
今回現像してみFUJIFILMもきれいだなぁと思いました。

参考になったかわかりませんが、
家族で出かけるときに『写ルンです』を購入してみて
『36枚の思い出』作りをして楽しんでみてください!!!

あわせて読みたい記事